2009/10/29 木曜日

お芋拾い

カテゴリ: ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 11:05:31

秋の味覚も増えてきた今日この頃、いかがお過ごしですか?
私はもっぱら食欲の秋になりそうなので、注意したいと思います^^;
そして本格的に昼夜の寒暖差が大きくなってきましたので、
体調にはお気をつけ下さいね。^^

さて、先日始まりましたお芋掘り!
まだまだ続いていますが…

今回の取材は、気持ち良く日光浴をしていたお芋の収穫です!

0910018.JPG
2~3日乾燥させたお芋たち

0910019.JPG
農業チームリーダー山さんが、収穫時を見極めます

幸田商店では、収穫することを「お芋拾い」と言います。
理由は、一旦乾燥させたお芋を“拾う”から。

山さんが、お芋を拾う時期を見極めています。

0910020.JPG
拾ったお芋はコンテナに詰め込みます
0910021.JPG
コンテナ1箱25kg! 重いですね…(@@;

拾い集めた大量のお芋たちを、コンテナという箱に詰め込みます。
この拾う作業は、とっっても重労働! !
1箱なんと25kg(´・ω・`)
これを4段積み上げるのです。。

農業チームの横須賀さんは余裕の表情ですね(@_@;
私は1段で精いっぱいでした(´∀`;)

0910022.JPG
キュアリングを待つ芋たち

そして拾い集めた芋たちには、
本格的にコルク層を形成させる為“キュアリング処理”を行います。

キュアリング処理とは、お芋の表皮下にコルク層をつくって、水と空気の侵入を防ぎ、腐りにくくする為に行うものです。
これにより耐寒性もできるので、春先まで貯蔵できるようになります。

皮が厚くなるので糖化が少し遅くなりますが…
後で使うので問題ありません^^(すぐ加工する芋はキュアリングしません)

“ほしいも”は、常に糖化したおいしいお芋で作りたいのです。
次回は、キュアリング中のお芋たちを取材しますね^^
お楽しみに!

幸田商店でした。

2009/10/22 木曜日

幸田商店イモ掘り体験

カテゴリ: ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 13:17:59

いよいよ秋も深まり、間もなく紅葉の季節ですね。
と同時に、芋掘りの季節です!

0910013.JPGタマユタカ(干し芋用)

茨城県の幸田商店では、
毎年恒例の「幸田商店イモ掘り学校」を開校しました。

と言っても、4名様限定のイベントなのですが。(^^*

じつは、茨城県ひたちなか市では完全学校週5日制の実施に伴い、市内で商業や農業、水産業、工業を営む家庭にご協力頂き、1泊2日の職業体験・生活体験が行えるという催し「わくわくライフ町内留学隊」が、毎年行われているのです。

幸田商店でも、将来地域を担う子供たちのため一肌脱ごうということで、
受入れをしています^^

これは子供たちが働くことの意義や環境を守る大切さを学び、社会性や豊かな人間性など「生きる力」を育むことを目的として行われています。
これこそ本当の意味での教育だと思います。(´―`*)

今日は、そのときの様子を少しご紹介しましょう!

お芋掘りの前日、小学生たちは夕方に会社でお芋の説明を受けてから、
その日は社長宅に泊まりました。

ありがたいお話を聞いて、ぐっすり眠れたかな?(笑)
会長夫人の美味しい手料理をごちそうになったそうです^^

0910014.JPG
仲良く芋ほりに励む小学生たち^^

0910015.JPG
お姉さんが見守っています

そして芋堀り当日!
朝は8時出勤。朝礼もきちんと出ました^^
ちょっと早かったかな?でもこれも社会勉強ですね。

たっぷり予習も済ませた小学生たちは、掘るスピードの早いこと早いこと。

0910016.JPG
どんどん掘って、コンテナいっぱい^^

午前中にはあっという間に畝(うね)4列分を掘り終えました。
1日でコンテナ75箱分を収穫するなんて…
小学生、恐るべし。(@@;(笑)

091017.JPG
たくさん掘れました^^

自分で掘った自慢の芋たちと記念撮影(^^*
大きくなっても思い出してくれるかな。

普段やらない事なので、次の日は筋肉痛になっているかもしれませんが。(笑)
お芋のようにたくましく育ってね^^
幸田商店でした。

2009/10/7 水曜日

芋ほり開始…!

カテゴリ: ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 10:51:58

朝晩の冷え込みが一層深くなってまいりましたね。
私も薄手のお布団を1枚足しています。皆様はいかがでしょうか^^

さて、茨城県ひたちなか市にある幸田商店では、芋掘りが始まりました!
芋を掘る前には、まず旺盛に育った蔓(つる)をキレイに刈ります。
広大な芋畑に現れた1機の蔓刈機…
農業チームの出澤君が率いています。

0910001.JPG
広大な畑の中、一人黙々と歩きます。
0910002.JPG
真っすぐ進むように、相棒を気遣います^^(笑)

キレイに蔓を刈り終えたら、お次は芋堀トラクターの登場!!
農業チームの根本さんが操縦します。
凛々しいですね。^^(山さんが見守っています…)

0910003.JPG
芋掘りトラクター…発進!
0910004.JPG
土を深く掘り、ローラーで芋だけを掘り出します。
0910005.JPG
掘った芋はコンベアーで中央へ集められます。
0910006.JPG
3畝分の芋が中央に集められます。

3畝分の芋を1畝に集められるので、畝ごとにそれぞれ集めていた頃より
作業効率アップです^^*
それにしても、芋掘り機の絶妙なローラー角度…さすがですね。¬w¬*
こんなにキレイに芋だけ掘りだせるんです!

0910007.JPG
なかなかのお芋ですね

でも、やはりそこは機械。
蔓についたままのお芋は、手作業で外すしかありません。
普通に外していくと大変手間がかかるのですが、農業チームには
ちょっとしたコツがあります。
下の写真をご覧ください^^

0910008.JPG
蔓についていたお芋が…        

0910009.JPG
一瞬で全てとれました!!@o@

これは手首のスナップを利かせて、茎の部分から一気に芋を外す
(自称)高等テクニックです。
これらのテクニックを駆使し、みんなでお芋を適度にバラします。

0910010.JPG
バラしたお芋は2~3日、畑で乾燥させます。

掘ったお芋はバラして2~3日そのまま乾燥させます。
堀出したばかりのお芋は傷みやすいので、表面を乾燥させてコルク層を作り、
傷や寒さから守るために行なうのです。
せっかく収穫したお芋が、倉庫でダメになっていたら悲しいですものね。

0910011.JPG
時には蔓が絡んでしまうトラブルも。


0910012.JPG
農業チームは今日も進んでいきます

お芋掘りもまだまだ始まったばかり!
干し芋を作れるまでの道のりは長い長い…
それでもへこたれず頑張っていきます!^^

幸田商店でした。

CopyRight(C) KOUTA SHOUTEN co.ltd 2005-2011 All Right Reserved.
Powered by WordPress ME