2008/11/4 火曜日

キュアリング処理はじめました

カテゴリ: ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 10:20:19

最近は長袖でも、朝が寒いですね。
朝晩の寒さとCMに、冬の訪れを感じています。(笑)

さて、たくさんのお芋掘りを終えた幸田商店では、お芋たちが寒さでダメにならないようにと、
「キュアリング処理」を始めました。

0811001.JPG
キュアリング担当のボイラー君です^^(笑)

キュアリング処理とは、お芋の表皮下にコルク層をつくって、病原菌の侵入を防ぐ処理をするため、行われるものです。

以前にも掘った後にすこし乾燥させてバリア作りをしましたが、あくまで応急処置。
やはり本格的にバリアを作るには、キュアリングです。
分りやすいように、図にしてみました^^

0811002.jpg

0811003.JPG
キュアリング室(山さんが温度計をジッと見つめています)

キュアリングは、写真のキュアリング室を閉め切って、湿度95%以上で温度を33~35℃に保ちながら、4~5日間行います。
特に温度調節がとっても大切!
温度が低すぎるとうまくコルク層ができませんし、高すぎるとお芋が死んでしまうからです。
お芋が生きているからこそ、コルク層を作ってくれるので、この作業中は毎日ヒヤヒヤです。農業チームリーダーの山さんは、事あるごとに温度計をジッと見つめています。

0811004.JPG
今年採れたお芋たち

いよいよ、「ほしいも」作りはカウントダウン!
みなさんに美味しい笑顔を届けられるよう、社員一同、精一杯がんばっていきますので
これからもどうぞよろしくお願いいたします。^^

幸田商店でした。

CopyRight(C) KOUTA SHOUTEN co.ltd 2005-2011 All Right Reserved.
Powered by WordPress ME