2010/4/30 金曜日

芽がでてきました^^

カテゴリ: ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 11:42:38

例年にない寒さで桜の開花も遅くなっていましたが、

弊社のある茨城県でも、ようやく葉桜になってきました。

10.05.001

激しい寒暖の差で、苗床の温度管理も心配でしたが、

元気な芽がでて安心しました^^

皆さまも、体調にはお気をつけくださいね。

10.05.002
元気に顔を出した苗たち

10.05.003
まだ土の下にもいるみたい…

地中からでてくる芽は、自然のたくましさを感じます。

ほぼ毎日、2回ほど水をたっぷりあげて
元気に育ってくれるよう祈ります^^

目安は土の渇き具合…農業チームの目が光ります。+(・ω・´)

10.05.004
たっぷり水をあげます♪

10.05.005
なんとなく嬉しそう^^

10.05.006
水まきも大事な仕事です。

夕方には、苗にビニールをかけて夜の寒さに備え
朝にははずして、“芽焼け”を起こさないようにしているとか。

せっかく出てきた芽が、ヤケドしたら大変ですものね。
土の温度やハウス内の気温はいつもチェックしているそうです。

農業はいつも自然と共にあるのですね。

10.05.007

地温は30℃以下に保たねばなりません

そうして苗がすくすく育っている間、

畑では苗たちの為の準備が進められています。

10.05.008

ふかふかの土ベットを作ってあげるね。

実は、畑の状態を整えるために、収穫後に麦を蒔いていました。
麦は成長と共に、土中の余分な養分(芋にとって)を吸ってくれるのです。

写真は、トラクターで畑を耕しているところ^^

種イモを植えてから苗が育つまでの間に、
3~4回畑を耕してふかふかの“土のベット”をつくります。

もちろん、蒔いてあった麦は土の中(´∀`)

土質改善から肥料にまでなるとは…
麦、恐るべしです。(`・ω・´;)

ありがとう。(-人-)

次回は芋に悪さする虫退治の様子をご紹介しようと思います。
これからも、美味しい「ほしいも」ができるまでを
自社栽培を通して、お伝えしていきますね^^

幸田商店でした。

例年にない寒さで桜の開花も遅くなっていましたが、
弊社のある茨城県でも、ようやく葉桜になってきま

苗よでてこい♪

カテゴリ: ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 11:29:53
暖かくなったり寒くなったりしています…
皆様お元気でしょうか?
私は1ヵ月間の研修で「ほしいも」を作っていました!

暖かくなったり寒くなったりしています…

皆様お元気でしょうか?
私は1ヵ月間の研修で「ほしいも」を作っていました!
>>ほしいもの作り方はコチラ

やはり実際に作ってみると、
いかに手間と愛情をかけているか、分かります。

芋を洗う・芋皮をむく・スライスする・並べる

このどこかで芋が崩れてしまえば、綺麗な製品にはならないのです。

平イメージ
“手作り”の結晶「ほしいも」

さて、そんな幸田商店にも春が来て。

今年で4年目!
自社栽培での、ほしいも用芋作りが始まりました^^

10.04.002
昨秋から大切に保存していた種芋たちを並べます。

ほしいも用のサツマイモは数種類ありますが、
弊社では「玉豊(たまゆたか)」と「泉(いずみ)」を主に栽培しています。

写真は「玉豊」のサツマイモ^^♪
収穫量が多く、加工しやすく味が良いのが特徴です。

ところでお芋には、「頭」と「おしり」がある事をご存じですか?

たくさんの種イモ達は、同じ方向をむけて並べられます。
こうしないと、キレイに苗がとれないんですって。

10.04.003
収穫した時の写真。

矢印の部分が「おしり」で、根っこの方です。
そしてお芋の“つる”が付いていた所が「頭」。

これを見分けて並べていくのですねっ(`・ω・´)+

10.04.004
キレイに並べられました^^

ここでたっぷりお水を与え、土の布団をかけて、さらにお水をかけます。
そして発芽を促すために、地温は15℃以上30℃以下で徹底管理!

ビニールハウス内に、ビニールトンネルの登場です…
農業チームは2つのビニールを操りながら、
芽のために温度計と睨めっこを始めます。

10.04.005
2つのビニールハウスが出現

芽の出始めは、特に慎重に!
いつも気になります。

200805001

かわいい苗たちのために、頑張っちゃいます♪^^

次回は、元気に育っていく苗たちの様子をご紹介しますね^^
どうぞお楽しみに!

幸田商店でした。

CopyRight(C) KOUTA SHOUTEN co.ltd 2005-2011 All Right Reserved.
Powered by WordPress ME