2016/10/21 金曜日

サツマイモの収穫について(玉豊)

カテゴリ: ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 17:15:31

現在、幸田商店ではサツマイモの収穫をしております。
1014-41014

まず、つるを刈り、

1014%ef%bc%881%ef%bc%891014-2

その後まくらぼりをし、トラクターが通るスペースを作っていきます。

1014-3

トラクターで堀り上げます。

1014-181014-61014-5

平切り用の大きいサイズ、丸干し用の小ぶりなもの、堀り上げた際に切れたものに選別します。
切れてしまったものは傷まないよう立てて乾かします。

1014-71014-101014-91014-8

選別したサツマイモを袋に入れ、保管庫に運びます。
袋の重さは約20kg。

1014-111014-121014-131014-141014-15

保管庫ではどこの畑で収穫したサツマイモか判別できるよう管理され、加工時に畑単位で出来をチェックしています。
糖化させてから加工するため、ほしいもができるのは11月以降になります。

1014-161014-17

(写真は幸田商店の農業・加工チームが栽培しているサツマイモの畑を撮影したものです。)

2016/8/17 水曜日

サツマイモの苗について(8月)

カテゴリ: お知らせ,ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 14:33:21

幸田商店のサツマイモの苗は順調に育っております。
0812
0812 (7)

べにはるかです。
0812 (2)0812 (6)0812 (4)

玉豊です。
0812 (8)0812 (9)

べにはるかの葉と玉豊の葉を見比べると、形が異なるのが分かります。
ハートのような形の葉がべにはるかです。
紅葉のような形の葉が玉豊です。
0812 (5)0812 (10)

(写真は幸田商店の農業・加工チームが栽培しているサツマイモの畑を撮影したものです。)

2016/7/4 月曜日

除草作業について

カテゴリ: お知らせ,ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 10:22:47

幸田商店のサツマイモは順調に育っており、現在は除草作業を行っている最中です。
0630⑭0630⑩0630⑥

以前は土寄せによる除草について書きましたが、今回は除草剤の散布の様子についてです。
サツマイモにしっかり養分がいきわたるように雑草対策は必須です。

除草剤のを散布することで、除草だけでなく雑草の抑制にも効果があります。
0630⑤0630⑮

20L近い除草剤が入った容器を担ぎ、畝と畝の間に散布していきます。
0630⑫0630①

除草剤がかかるとかれてしまうので、畝は避けていきます。
0630④0630⑨

0630②0630③0630⑪

畝の中に生えてしまった雑草は手で抜いていきます。
0630⑦0630⑧

除草剤をかけてしばらくするとこのように枯れます。

0630⑬

(写真は幸田商店の農業・加工チームが栽培しているサツマイモの畑を撮影したものです。)

2016/6/29 水曜日

土寄せについて

カテゴリ: お知らせ,ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 12:51:32

苗を植えた後は除草作業を行います。

0621③

まずテーラー(耕耘機)で耡(うな)っていきます。
「耡う」とは田畑の土を掘り起こし、畝を作ったり耕すことです。
耡うことで除草し、同時に土を柔らかくしていくことが出来ます。
苗が植えつけてある畝と畝の間をテーラーで進んでいきます。

0621⑫0621⑬

次に専用の農機具で土寄せを行います。
苗が植えつけてある畝に土を被せることで雑草の発生を抑え、土壌の保水性を高める効果があります。
畝をまたぐように進んでいきます。

0621⑩0621⑨0621②0621⑪
0621⑤0621⑥0621⑦0621⑧

(写真は幸田商店の農業・加工チームが栽培しているサツマイモの畑を撮影したものです。)

2016/6/22 水曜日

サツマイモの苗植えについて(べにはるか)

カテゴリ: お知らせ,ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 13:19:11

今回はべにはるかの苗植えについてです。
0601はるか①0601はるか240601はるか22

べにはるかは畝に黒ビニ-ルを張りマルチ栽培します。
マルチとは畝や苗の株元の土をポリエチレンフィルムなどで覆うことです。
0601はるか⑦0601はるか⑧

マルチを張ることで雑草を抑制するため、雑草処理の手間を省くことができます。
しかし、マルチは水分の蒸発を抑えることが出来る一方で、水が浸透していかないため乾燥するので、シロタになりやすい玉豊や泉には利用できません。
マルチ張りは専用の機会で行います。
0601はるか②0601はるか③0601はるか⑨0601はるか⑪

トラクタ-前方に肥料散布器があり、肥料を畝の中に落としながら畝を立て、マルチを張っていきます。
0601はるか⑩0601はるか④0601はるか⑤0601はるか⑥
0601はるか⑪0601はるか⑫

マルチを張った後、等間隔に穴をあけます。
0601はるか⑬0601はるか⑳

苗を3節目まで挿して土をちょっと押して植えつけます。
0601はるか⑯0601はるか⑰0601はるか⑱0601はるか⑲

(写真は幸田商店の農業・加工チームが育てているサツマイモの苗を撮影したものです。)

2016/6/20 月曜日

サツマイモの苗植えについて(玉豊)

カテゴリ: お知らせ,ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 11:42:35

現在、幸田商店ではサツマイモの苗を植えております。
0601玉⑫0601玉⑬
以前ご紹介した苗を切る作業と平行して行っています。

ほしいもの味や食感に違いがあるように、サツマイモ自体にも特性があるので、それぞれの品種の特徴にあった栽培をしていく必要があります。
今回は玉豊についてです。

まず、畝(畦、うね)立てです。
畑の土を周囲より高く盛った畝を作ることで、苗の根がつきやすくなります。
0601①0601玉②0601玉③

次に等間隔に苗を植えていきます。
0601玉⑧0601玉⑦0601玉⑥

一反歩あたりに植える苗の量は決まっているため、畝幅や苗の株間を調整して植えます。
畝幅・株間は各農家で異なっています。
0601玉⑤

苗は3節目まで土に挿しています。
0601玉⑩0601玉⑨

玉豊は植え付け後、除草を兼ねて畝の上に更に土をかける“中耕・培土”という作業をトラクターで行うため、他の品種と比べると畝幅は広くなっています。
土をかぶせることで保水性が得られます。
玉豊は乾燥すると、シロタなどが発生しやすくなるので、保水は重要なポイントになります。
0601玉⑪

※シロタとは・・・ほしいもの一部に白色不透明の硬い部分が生じる傷害。

(写真は幸田商店の農業・加工チームが育てているサツマイモの苗を撮影したものです。)

2016/5/24 火曜日

サツマイモの苗について

カテゴリ: お知らせ,ひたちなか市,ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 16:00:47

幸田商店のサツマイモの苗は順調に育ち、苗を切って植えているところです。
0524⑦0524⑧

苗は7節目をカットします。
慣れると数えなくても感覚的に7節目を切れるそうです。
低い位置の苗を切るのはハードな作業です。
05240524②

0524⑥0524④0524③

0524⑤

(写真は幸田商店の農業・加工チームが育てているサツマイモの苗を撮影したものです。)

2016/4/27 水曜日

サツマイモの芽について

カテゴリ: お知らせ,ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 17:34:06

先日発芽をお知らせしたサツマイモの苗が順調に育っております。
0425

(写真は幸田商店の農業・加工チームが育てているサツマイモの苗を撮影したものです。)

2016/4/15 金曜日

芽が出ました

カテゴリ: お知らせ,ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 17:04:11

以前、当ブログに投稿したように幸田商店では今サツマイモの苗作りの最中です。
本日は萌芽したのでご報告です。

玉豊です。
0415玉

べにはるかです。
0415はるか

泉です。
0415泉

今後も地上部の温度や芽にあたる日光などに気を使いながら、苗を育てていきます。
0415②0415④

 

(写真は幸田商店の苗床を撮影したものです。)

2016/4/4 月曜日

サツマイモ栽培について

カテゴリ: お知らせ,ほしいも成長日記 — 投稿者 info @ 10:54:52

幸田商店はほしいもの加工はもちろん、原料となるサツマイモの栽培・生産もしております。
サツマイモは苗を植えて栽培するのですが、その苗作りが3月下旬から始まります。
まず、土を柔らかく耕し肥料と殺虫剤をまきます。選別した無病健全な種芋を土に並べます。

たっぷり灌水(水やり)した後、病気を防ぐための農薬を散布し、上から堆肥をかけます。

農業0329⑳

堆肥をかけられているとべにべにはるか玉豊です。

農業0329①農業0329二十三

左からべにはるか、泉、玉豊です。

農業0329⑪

種芋に直接光が当たらないようしっかり堆肥をかける必要があります。

芽が出るまでは土の温度を30度前後に保ち、芽が出てからは地上部の温度を25度に保ちます。
その年の天候にもよりますが20日前後で発芽します。

温度を一定にするため、毎日地温(地中の温度)と気温をチェックして管理します。

曇りや雨、夜間でも温度を保つためにビニールをかけます。

等間隔になるよう計測しながらトンネル支柱を差し込み、

農業0329⑦農業0329⑧

周りにビニールの裾を埋めるための溝をコの字に作り、ビニールをかけます。

農業0329②農業0329③

11月頃から最盛期を迎えるほしいもですが、ほしいも作りには今から着手する必要があります。

(写真は幸田商店 農業・加工チームの作業風景の一部を撮影したものです。)

次ページへ »

CopyRight(C) KOUTA SHOUTEN co.ltd 2005-2011 All Right Reserved.
Powered by WordPress ME